スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

己丑(つちのとうし) 

小耳にはさんだ話がきになって調べてみたら・・・
2009年は己丑(つちのとうし)で、
なんだかよくわからないけれど、風水?でみると、
『火、火災、噴火、争い、離散などを暗示します。
災害やトラブルが起こりやすいので注意が必要です』

『日照りや干ばつ、山火事や大規模な火災、砲火や戦争、
テロなどの天災や人災に要注意です。
火の気や陽の気が非常に強いので、「一旦火がつくと燎原の火(りょうげんのひ)のごとく
一気に燃え広がって、防ぎ止めれない」』

何が気になったって、つい先日、桜島や浅間山が噴火し、
オーストラリアで史上最悪の火災が発生し、
そうかと思えば今日のニュースで北京の大規模ビル火災・・・

ふだん、ぜんぜん全く占いとか風水とか気にしないんだけど、
なんだかコレを見たらコワイね、当たってるもん。
だから昔から風水とかって、脈々と続いてきたのかなぁ。

何をどう気をつければイイかわかんないけど、
でもキモチの片隅においておくだけでも違うかな。

今さらながら、今年も平穏無事にみなさまが過ごせますように・・・☆


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。